黒いMシェード|敷地にあわせて屋根を最大限に広く|宝塚市

exterior87
ベージュ系の外壁のお家と、黒いMシェードのコントラストが映えてスタイリッシュな外観に。
重厚感がありながらも、Mシェード特有の屋根トラスが明るいガレージスペースを作り出してくれています。
宝塚市



exterior87-9

Mシェード (前面)
 
基本(両側支持)タイプ  4954
 屋根間口調整タイプ   W5300
 熱線遮断FPR板(かすみ調)
 柱:H26(前)+H23(後)

(奥側)

 基本(片側支持)タイプ  4918
 
 
屋根間口調整タイプ   W1546
 熱線遮断FPR板(かすみ調) 
 柱:H26
BEFORE
exterior87-1b


カーポートを設置するにあたり、まずはカーポート選びから。インターネットでお調べになり、三協アルミの「Mシェード」を気に入られたとのこと。

色は最後まで迷われましたが、既存の鋳物の手すりや門柱のアクセサリー、そしてご近所のMシェードをご覧になり、ブラックで決定されました。
(ご近所のMシェードはこちら
↓
AFTER
exterior87-1

BEFORE
exterior87-7b




隙間から雨が入ってくることの無いよう、ベランダ下に屋根をもぐりこませました。

↓
AFTER
exterior87-7

exterior87-2

exterior87-3

exterior87-8

柱の位置や屋根の大きさなどご希望に添えるよう、敷地を正確に測りました。
特に屋根は、敷地にあわせて屋根ユニットを入れ替え・組み合わせたり、幅調整材を使用することで最大限に広く作ることができました。

exterior87-4

exterior87-5

exterior87-6

カーポート前面の2台用(道路側)と奥の1台用をうまく連結させました。
雨が入らないように細かい部分も塞ぎました。