LIXIL神戸エクステリアショールーム リニューアル展示

先日、LIXIL神戸エクステリアショールームの内覧会にお邪魔した模様をブログに書かせていただきました。

今回は前回のブログで、ご紹介しきれなかったお庭周りの展示をご紹介したいと思います
ココマ
ショールームに入ってすぐのところに、ココマⅡガーデンルーム腰壁タイプにプラスオープンテラスが付いたタイプが展示してありました。サイズは2.0間+0.5間×8尺です。

前面パネルはポリカーボネートのクリア、クリアマット、強化ガラス(透明)、熱処理ガラス(マット調)と4タイプを一度に比較できるようになっています。
また、側面パネルは折戸と引戸、こちらも両方見ることができます。

高さは2400タイプで広さを感じました
こちらはテラス囲いのサニージュ。
今回のリニューアルで新たに展示されました。
サイズは1.5間の8尺、床納まりタイプで、床材には樹ら楽ステージは使われています。

洗濯物干し場として人気の商品ですね。
サニージュ

サニージュ2
ZIMA
今回のリニューアルテーマの『気づき』
このサニージュの展示位置にも工夫があるのかなと感じました。

ちょうど、ガーデンルームZIMAの奥にサニージュが展示されています。比べて、新たな気づきが生まれるような展示になっています。
屋外展示には樹ら楽ステージ、新たにタイルデッキが展示されていました。
樹ら楽ステージ
人工木デッキ 樹ら楽ステージ

幅 約6.3M、奥行 約4.1M。色はクリエダークです。
ウッドデッキだけのスペースにして、お客様にお庭でどんなことをしてみたいかをイメージしてもらう場所にしているそうです。

そこから、日差しを遮る屋根や目隠しの必要性など、気づいてもらう仕組みになっています。
タイルテラス
こちらは新商品のタイルデッキです

従来のブロックで基礎を作るタイルデッキとは違い、アルミでウッドデッキのようなアルミ材で基礎を作り、タイルを乗せる構造になっています。
カーポートの屋外展示もあるのですが、新しいカーポートは10月ごろになるそうです
今回、見逃してしまったところもあるので、新商品のカーポートと合わせて、次回行った際にはもっとじっくりと見学してきたいと思います。

カタログやインターネットで情報を見ることはできますが、やはり実際に見て・触れて・感じられるショールームはいいものですね
現場に設置したらどんな感じかな、ここでどんなことをしようかなと、いろいろ想像してワクワクします

ぜひみなさまも、ワクワクを体験しに行ってください